40代以上の転職・再就職を成功させるための情報サイト

ミドル・シニアの転職

【40代以上】転職エージェント人気ランキング<2019年最新版>

更新日:

40代以上の方向けの転職エージェント人気ランキング
転職エージェントランキングこのランキングはミドル・シニア転職へのアクセス数や当サイト経由の申込数を参考に、当サイトを運営する転職エージェントや再就職支援会社のプロのコンサルタントによってランキング付けされています。
実際に多くの40代以上の転職希望者を転職に導いてきたプロが厳選した転職エージェントをご紹介しています。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

ミドル・シニア世代向けの転職エージェントとして最もオススメしたいのがJACリクルートメントです。ポイントはコンサルタントのプロフェッショナリティです。JACは転職エージェントの中でも大手にも関わらず、両面モデルでサービスを提供しています。両面モデルというのは、転職希望者も求人企業もどちらも同じキャリアコンサルタントが担当するモデルです。30代40代以上の方を転職実現に導くためには、企業側の求めることと、転職希望者側の経験やスキルをしっかりとマッチングできるキャリアコンサルタントの力が必要になります。多くの求人と求職者を有しながらも、そのマッチング力を維持し、高めている唯一の転職エージェントです。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
またJACリクルートメントは会社としても上場企業という点も安心できるポイントです。実際の開示資料もありますので、どんな会社かをもっと慎重に調べてみたいという方はぜひ目を通してください。非常に好決算になっており、コンサルティング力が求人企業や転職希望者といったマーケットに認められているといえるのではないでしょうか。

LiBzCAREER(女性限定サービス)

リブズキャリア

LIBは女性にもっともおすすめしたい転職サービスです。サービスモデルは、職務経歴を登録して女性を積極的に採用したい企業の人事や女性向けの求人を持っている転職エージェントのコンサルタントからのスカウトを待つ会員制転職サービスです。スカウトを待つだけではなく、自分で選んだコンサルタントに相談メッセージを送ることも可能です。また会員になると求人検索ができますが、通常の転職サイトにない、女性ならではの検索軸を提供しており、女性にとっては非常に使いやすいサービスになっています。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
2014年にできた新しい会社ですが、この業界内ではもっとも勢いがあるといっていい会社だと思います。女性の社会活躍といったテーマに真摯に向き合い、転職サービスを提供しています。転職サイトという側面と転職エージェントとしての側面を持つサービスのため、転職エージェントとしても転職サイトとしてもランキングでは評価しています。別の転職サービス経由で最終的に転職を決められた方からも使ってよかったと評判のサービスになっていますので、女性にはぜひ活用していただきたいサービスです。

MS-Japan(管理部門特化型エージェント)

MS-Japan

MS-Japanは管理部門(経理・財務、人事・総務、法務、経営企画、広報・IR、内部監査、秘書)のトップ転職エージェントです。実際に転職希望者の利用実績もNo,1になっており、管理部門系で転職を考えている方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。管理部門の求人は営業系求人などに比べて、1名だけ募集ということが多く、かつ新規事業立ち上げや株式公開(IPO)要員という求人もあるため、大々的に募集しない非公開求人が多くなっています。登録してからしか求人の内容が分かりませんので、管理部門経験者はぜひ登録して求人をご確認ください。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
MS-Japanは管理部門だけではなく、弁護士、公認会計士、税理士等の有資格者に対しても圧倒的な強みのある転職エージェントです。これらの資格保持者の方は、MS-Japanに登録するだけでもかなり有意義な転職活動が行えると思います。

Career Release 40(キャリアリリース40)

キャリアリリース40

Career Release 40は、その名の通り、40代の方がメインターゲットという珍しい転職サービスです。「職歴打診型」転職サポートサービスを提供しており、転職希望者が登録した職務経歴書を採用可能性のある企業に打診して、必要とされる会社・ポジションを探してくれるというまさにミドル・シニア向けのエージェントになっています。(※あくまで「職務経歴」をもとにした打診であり、「氏名・住所・連絡先」などの個人情報は開示しません。)

icon-commentコンサルタントの一言コメント
Career Release 40を提供するルーセントドアーズ社は、日本の中途採用市場にある「年齢」による過剰な機会格差を無くしたいというコンセプトをもとに2014年に設立された新しい会社です。代表の黒田氏は元リクナビNEXTの編集長を長く務めた人物で、ミドル・シニアの転職にも精通している方です。まさにミドル・シニアにぴったりのサービスといえそうです。

クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

「ヘッドハンティング転職」を掲げる業界内でも屈指のハイクラス向け転職エージェントです。そのため、転職成功案件の80%以上が30代以上(30代60%、40代17%、50代11%)という転職エージェントの中でも稀有な存在です。ミドル・シニア層のなかでもマネージャークラス以上の方には特におすすめしています。保有している案件も年収1000万円以上の案件も多く、コンサルタントもベテラン&担当業界の経験者が揃っているため、クライス&カンパニーしか保持していない独占求人を多く取り揃えています。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
総合エージェントと違い、案件数が多いというわけではありませんので、案件があるかどうかはそのときの運にも左右されてしまうかもしれませんが、数多くのミドル・シニアを転職に導いてきたコンサルタントと一度接触をもつだけでも有利な転職活動を進めるノウハウを吸収できるかもしれません。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本No,1の決定実績を誇る転職エージェントです。求人数、求職者数ともに日本No,1です。リクルートキャリア社として、新卒就職のリクナビ、転職サイトのリクナビNEXTを保有しており、就職・転職といえばリクルートのイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。若手の転職に強いイメージはありますが、30代、40代以降の方向けの求人も多数保有しています。人気の転職エージェントなので少し機械的な対応をされることもありますが、登録をしておいて損はありません。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
担当するキャリアアドバイザーに当たりはずれがあるとはいえ、登録しない理由がない転職エージェントです。さすがリクルートというべき圧倒的な求人数だけではなく、業界ごと、職種ごとにきめ細かく担当が分かれており、そこに溜まっている転職ノウハウや各企業の面接の傾向や実際の面接官の知見も見事なものです。他のエージェントから面接に進んだときにも面接アドバイスだけでも聞くと、とてもプラスになるはずです。

randstad(ランスタッド)

ランスタッド

日本ではあまり馴染みがないサービス名かもしれませんが、グローバルでみると売上世界2位の老舗(総合1960年)の企業です。もともとグローバルでは人材派遣で有名なのですが、日本では転職エージェント事業に力を入れています。日本国内で78拠点持っており、ランスタッドだけが保有している限定求人、非公開求人、地域限定募集の求人などが特徴です。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
外資系ならではの雰囲気のあるエージェントなので、保有案件も外資案件が多いなどのメリットはありますが、コンサルタントへ深い相談がしたいという場合は不向きかもしれません。キャリアの強みや希望の職種や業界がはっきりしているときには使いやすいエージェントと言えそうです。

Aidem Smart Agent(アイデムスマートエージェント)

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは、求人サイトの「イーアイデム」やフリーペーパーの「Jobaidem(ジョブアイデム)」を運営している超老舗求人サービス会社の株式会社アイデムが2011年から始めている転職エージェントです。フリーペーパーなどで地元の企業をがっちり押さえているため、なんと25万社もの企業とのコネクションがあります。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
駅のラックなどで「Jobaidem(ジョブアイデム)」を見かけたり、以前バイト探しなどで使ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。老舗ならではの隠れた優良企業の求人を持っていることがアイデムスマートエージェントの最大のメリットです。大企業ではなくてもいいので、しっかり自分を評価してくれる会社を見つけたいというような方にはぴったりの転職エージェントです。

メイテックネクスト

メイテックネクスト

メイテックネクストは製造業・モノづくり系エンジニアに特化している、1974年に設立されたメイテックグループの転職エージェントです。電気・電子・半導体、機械・メカトロ関連の経験のある方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。製造業に在職中の方だと都心から離れたところで就業中のエンジニアも多いことから、土日祝や平日20時以降でも積極的に面談受付をしているといったサービスを提供しています。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
グループ企業のメイテックはこれまで約4,000 社以上の日本の大手製造業に技術者を派遣してきている特定労働者派遣サービス企業のNo1カンパニーです。メイテックが持つ日本の製造業へのパイプは他の転職エージェントを寄せ付けません。上場企業などの大手企業はもちろんのこと、優れた技術力を持ったニッチカンパニーまで高い決定力があることで有名です。

パソナキャリア

パソナキャリア

67%が年収アップを実現していると公開しているなど、転職エージェントとして力のある人材紹介会社です。パソナグループということで企業接点は強いので求人数は言うことなしなうえに、ユーザーからの評判がすこぶる良いエージェントです。結果的に年収アップが実現できているということもあると思いますが、職務経歴書のサポートや丁寧な面談でのコンサルティングなどが評価されています。はじめての転職という方には特におすすめしたい転職エージェントです。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
派遣会社のイメージがある方も多いかもしれませんが、転職エージェント、研修事業、請負やアウトソーシング事業を行う総合HRカンパニーです。再就職支援事業も行っており、若手・ミドル・シニアまでサポートしている会社です。上場企業でもありますし安心感がとてもある会社です。

転職コンシェルジュのワークポート

ワークポート

ワークポートはもともとはIT・インターネット・ゲーム業界専門の転職エージェントでしたが、2014年からはそこで培ったコンサルティング力をもとに他の業界にも進出しています。「転職コンシェルジュ」というキャッチコピーのとおり、1人ひとりの転職希望者への手厚いサポートをウリにした転職エージェントです。また「担当コンシェルジュの変更希望受付窓口」を設けて、キャリアアドバイザーとの相性を大事にするといった他の転職エージェントにはない独自の取り組みもしています。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
もともとの出自がIT・WEB系ということもあり、もちろんその業界出身の方はまずは登録していただきたい転職エージェントですが、実は求人数が15,000件以上もあるので、他の業界・職種の方にも最近はおすすめしています。大手にはない手厚いサポートも魅力的です。

テクノプロ・キャリア(機械、電気・電子、半導体の転職)

テクノプロ・キャリア

電気・電子・半導体、機械設計、回路設計や機構設計、化学・バイオのエンジニアの方は登録しておきたい、エンジニア特化型転職エージェントです。メーカーエンジニア出身のコンサルタントも多く、特殊なエンジニアリングの領域についての知見もあります。しっかりと業界構造や職種を理解したうえでアドバイスが受けられるため、設計や開発で経験を積んできた30代、40代のベテランエンジニアも安心してキャリアについての相談ができます。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
テクノプログループは技術者派遣で有名な会社なので、全国のモノづくり企業の業界動向や採用情報を持っています。上場企業を含む大手メーカーとのコネクションも強いため、技術力を活かした転職を考えている方にはぴったりです。

type転職エージェント

type転職エージェント

転職・求人情報サイトの「@type」を運営している株式会社キャリアデザインセンターの転職エージェントです。もともと「@type」はITエンジニアに強い転職サイトで、type転職エージェントもIT・WEB業界に強みを持っています。最近は営業職の求人なども多数保有しており、業界内での評判もあがってきていますので、エンジニアやIT・WEB業界出身以外の方も大手転職エージェントとの併用利用が進んでいます。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
IT・WEB系の方にはまずおすすめしたい転職エージェントです。また、サービス提供地域が東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県等の関東圏に限られている分、そこでは他のエージェントが保有していない非公開求人も多数あるようなので、首都圏で転職を考えている方は登録してみて求人を見てみる価値がありそうです。

マイナビエージェント(女性の転職)

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する総合型の転職エージェントです。ここでは女性向けのサービスをご紹介しています。マイナビエージェントは20代、第二新卒の転職希望者に強みのある転職エージェントのため、40代以降の方にはあまりおすすめしていませんが、女性に向けて積極的にサービスを展開している転職エージェントですので、女性の方は登録しておくべき転職エージェントと言えます。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
リクルートエージェントやDODA転職エージェントに比べると規模としては小さい総合エージェントです。その分、一人ひとりの転職希望者にしっかり向き合うことで評判が高いエージェントです。マイナビブランド全体のイメージどおり、他社に比べると比較的おっとりとした社風であり、応募を焦らされたり、求人がないと全然連絡がなくなるといった話はほとんど聞きません。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ

外資系・日系グローバル企業の転職サポートに圧倒的な強みを持つ外資系転職エージェントです。コンサルタントの半数は外国人というバイリンガル向けの転職エージェントです。外資系企業のハイアリングマネジャーとの信頼関係を築いており、案件1つ1つがスペシャルなものになっています。転職希望者の希望をもとに企業側への打診も積極的に行っています。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
ロバート・ウォルターズは世界24か国で展開しているイギリス本社の会社です。世界中でスペシャリストの人材紹介事業を行っており、サービスの質は非常に高いと評判ですので、英語堪能な方はぜひ登録をおすすめします。

エリートネットワーク

エリートネットワーク

エリートネットワークは大手転職エージェントとは違った求人企業、転職希望者への深い接点力を持っています。2つのこだわりを掲げており、1つは求人企業側の人事の責任者や経営者に直接会って、必ず取材し、入念なインタビューを行ったうえで、紹介に足る企業だけを厳選していること、2つ目は転職希望者に必ず会って、本人のパーソナリティも勘案したうえで、社風マッチする企業へ紹介を行うことです。

icon-commentコンサルタントの一言コメント
大手転職エージェントが利便性のためということで電話面談など簡易的なサービスを提供するなか、芯のあるサービスを提供している会社のイメージです。もちろん企業担当者とあなたを担当するキャリアアドバイザーは分業していない両面型のサービスです。

 

ミドル・シニアの転職エージェントの選び方 これだけは押さえておきたい"ABC"

  1. コンサルタントとの相性が重要&求人の有無は運もある。複数の転職エージェントを使い分け!あとで絞ってもOK!
  2. 今後やりたいことではなく、これまでの自分のキャリアをもとに選ぶこと!
  3. 転職エージェントだけが選択肢ではない。転職サイトのチェックも忘れずに!

-40代以上におすすめの転職エージェント・転職サイト

Copyright© ミドル・シニアの転職 , 2021 AllRights Reserved.